banner

出刃包丁の欠け

堺の出刃包丁で欠けに関する対処の方法


包丁のブランドは世界中に数多く存在していて、それぞれのアイテムを使い分けて利用している方も多い傾向にあります。国内の場合では、和包丁を用いる場面も多いものですが、和包丁として特に有名なアイテムには堺の包丁が存在しています。

堺の包丁は出刃包丁を代表として、数々のものが用意されているのですが、大きな特徴としてはそれぞれの工房によって、専属の鍛冶職人が用意されていて、独自の技術を用いて手作り品として世間に発表をしているものが一般的になります。したがって、非常に高品質で高価なアイテムが多いことでも知られていて、中には愛好家も多く、特にプロの料理人の中では実際に使用をしている方の割合が多いことも発表されています。

そんな中、堺の出刃包丁では切れ味が優れていることも大きな魅力とされているのですが、その一方では押し切りなどをした場合では刃の部分が欠けやすいことも特徴になり、利用する方の場合では一定の知識を持って使用することが望ましいこととされています。

刃の欠けに関しては、日頃からの心掛けというものも大切になり、無理な力を加えた作業をしないことは勿論ですが、それぞれの食材に適している包丁を選択することも必要な要素とされています。

実際に使用を行っている場合では、時には刃が欠けてしまうこともありますが、比較的軽症の場合では、砥石を何度も使用することによって、綺麗な状態に仕上げることは不可能ではありません。また、所有者本人が研ぎを行うことが困難な場合では、専門店などに依頼をすることで、状態によっては対応してもらうことも可能になります。

修復方法としては、一般的な砥石を用いて手作業で行うことが一般的になりますが、あまりに症状の重たい状態の包丁の場合では、電動式の研ぎ機を利用して、刃の全体を一気に研ぐという方法も用意されています。

しかし、深い溝などが出来てしまっている状態では、研ぎ機を利用して直線状に刃を仕上げることができても、本来持っている切れ味を発揮することができない可能性を持っています。このケースではやはり買い替えを行うことが必要になるために、新しい包丁選びを行うことがおすすめになります。

現在では全国各地に存在している専門店の他にも、パソコンや携帯電話などを利用してもインターネット上で販売されている堺のアイテムの数々を目にすることが可能になります。

通信販売として購入することができ、自宅にいながらショッピングを行うことが可能になるために、便利に活用することができます。

Copyright(c) 2017 堺の包丁をうまく扱い包丁、長持ちする包丁へとするために All Rights Reserved.